水道工事はまったなし

前々から興味があり、このサイトでも書いている
ASUS(エイスーステック・コンピュータ・インク)という台湾の台北市に
本社をおく会社ですが、日本法人もあり、
定期的に展示会などを開催しています。
いつか本社へ取材に行きたいと思っていますが、
今回は日本法人の主催する展示会に行こうと考えていました。
ところが、会社の上の階から水漏れがあり、調べたところ、
壁を壊さないといけないほどの大がかりな水道工事が必要となり、
残念ながら次回訪問ということになりました。

Appleマークにティーカッププードルを

AppleのPCを街中でよく見かけるようになって早数年。
もともとMacユーザーだった私は、天邪鬼ゆえか
Macbookを持ち歩きたくなくなっています。
俄感がはんぱないような気がするのです。
そもそも、別に大きな事業を動かすでもなく、
世界発信のクリエイティブなことをする訳でもないので、
なんだか嫌なんです。
自意識過剰なのかもしれませんが、
ココ最近はAppleマークを出すくらいなら
ティーカッププードルの可愛いシールの方が
まだいいとさえ思うしまつ。
Macも別のデザインを選べたら…。

驚愕の事実?トイレの水漏れ時の顔と台湾製。

私が思うに海外メーカーは、詳しく知らないと十把一絡げになる傾向にある。
ということです。
現に私の知人はASUS、ACERを
アメリカかそこら辺の国のメーカーだと思っていました。
台湾だと教えると案の定ビックリしていました。
あの顔は、彼の家でトイレの水漏れが発生した時並でした。
閑話休題、PCなど外見だけでは中身が知れないものですから、
判別する事は難しいのでしょうがない事ではありますが。
国がどこだという事で、スペックが格段に変わる事ではないですが、
知っていても損はないと思います。

旅行で行きたいウユニ塩湖情報の頭の中氾濫。

誰でも気になる事は、どんどん知識が付いてくるものです。
頭が悪いと言われる子供でも、やたらとゲームの知識や遊び方を知っている
という事はよくあります。
私もPCメーカーやスペックなど詳しい方ですが、
それもへんに興味があるからと言えます。
別件ですが、旅行で行きたいウユニ塩湖情報もめちゃあります。
ただ、行けないからこそ情報がどんどん溜まっていくのです。
そう、興味があって満たされないから程、知識は増えるんです。
幸か不幸かは、なかなか判別尽きづらい事です。