屋上緑化はアジア地域で広がりをみせています

屋上緑化という言葉、最近よく見かけると思いませんか?
日本の企業でも屋上緑化資材などの開発に取り組んでおり、
日本から台湾の企業へ設置に出かけたりといったニュースも
見かけます。
台湾のとある貿易会社の屋上も、
日本の企業が設置して屋上緑化計画を開始したと
企業のブログで発見、設置の工程を写真で見ることができました。
この屋上緑化も企業のエコ活動といえますね。
他の台湾企業の取り組みも見てみたいと思います。

1階でPCだけでなく茶道具買取を始めた。

商品にある程度の需要が生まれるとそこには、
売買の場が自然と生まれます。
PCなどは、需要と供給がもの凄いですから、
市場に多く出回っています。
近くのPCショップご多分に漏れず、1ヵ月おき程度の巡回(笑)
で新しい商品ラインナップに変わっているのですから、
恐ろしい市場だと実感します。
最近は、ASUSの商品が多い気がするのは、気のせいでしょうか。
さて、そんな身近なPCショップに最近変化が。
何故か1階でPCだけでなく茶道具買取を始めたのです。
これは、店主の趣味かそれとも、市場を開拓しているのか。
少なくとも、リアル店舗には置かないで欲しい。

台湾の警察は便利屋状態?

今年のニュースになっていたのですが、
台湾へ交換留学に来ている警察官志望の女子生徒が
台湾のとある都市の警察局の派出所を見学し、
業務量の多さに驚いたそうです。
台湾警察は治安と交通に関する職務が中心ですが、
近年は貴重品の預かりやタクシーの手配、
モーニングコールまで行うらしいです。
これでは便利屋さんですよね。
ほぼ市民サービスに時間をとられており、
2013年は治安事件と刑事関係はわずか4.28%だったそうです。
事件が少ないことはいいことですが、
企業にお金を払ってやらずに公共機関を利用することはどうかな、
と個人的に思ったりします。

観葉植物レンタルを台湾でも

知人が最近観葉植物レンタル事業を起業し、
都内を中心に営業を始めました。
ゆくゆくは奥さまの実家のある台湾でも起業したいとのことでした。
フランチャイズ化して家族で運営していくそうですよ。
というのもご実家が造園業だそうで、
観葉植物にも精通しているとのこと。
持っているものを活かす事業ですし、きっと成功することでしょう。
私も応援しつつ、取引先を紹介するとかの協力はしようかな。
そのかわり、台湾での起業についていろいろ聞こうと思います。

サーフィンスクールは南台湾にもあります

芸人の渡辺直美は台湾人と日本人のハーフですが、
台湾紹介本を出していたりしますよね。
食が中心ではありますが(笑)。
あの太り具合はみごとなバランスだと思いませんか?
痩せると良さが半減しそうな気もしますが、
健康のためには半分くらいの体重が良さそうですね。
さて、このサイトを運営しているからというのもあり、
台湾旅行前や台湾への移住をされる方の
問合せが増えています。
その中の一部を紹介したいのですが、
台湾にサーフィンスクールはあるのか?あります。
南台湾に。
台湾のトッププロサーファーに教えてもらえますよ。

企業イメージ/アコム過払い問題

最近、家電メーカーの自社ブレンド確立が
多くなってきている気がします。
例を挙げるならパナソニックとナショナル、
JVCがビクターである事の広告展開などです。
ブランド力を増す事は、ブランド安心力を増す事にもなります。
「これだけ大きいからすごい事ができます、小さな不正はできません」
と言った具合でしょうか。
しかし良い面だけではありません。
ブランドが大きい分、ダメージを受けた時の被害は大きくなります。
1つの分野の失敗が、展開している全ての分野で
風評被害をうけるのです。
アコム過払い金の問題の様にもともと企業に
ブラックなイメージがある会社ならまだしも、
クリーンなイメージの会社は辛い所です。
昨今は家電から他分野へが多くなっています。
企業の理念・動向はしっかり見極める必要がありそうです。

便利屋は東京で修業する

先日台湾に旅行にいったのですが、はじめての一人旅でした。
最初は心細かったですが、日本語が通じる人も多いですし、
日本にあるお店も多かったので十分楽しめました。
さて、台湾では面白いお店を見つけました。
便利屋さんです。
その便利屋さんは買い物代行やオークション代行が
メインのようですが、ビジネスの通訳などもやっているようで、
店をのぞいたら日本語で話しかけられました。
その便利屋は東京で修業し、故郷の台湾で開業したそうです。

台湾企業の御曹司が井之頭病院に入院

私の会社の取引先に台湾の企業があり、台湾出張も
結構あるんですが、なんども訪れたことのあるとある
大企業の御曹司が日本におり、井之頭病院に入院しているらしい。
なぜ、井之頭病院かというと専門的な治療を受けるためらしい。
私の家のすぐ近くなのでとても驚きましたが、顔見知りですので
会社の役員とお見舞いにいくことになりました。
大したことじゃなければいいのですが。
お見舞いに行く前に退院できるくらいだといいんですけどね。

水道工事はまったなし

前々から興味があり、このサイトでも書いている
ASUS(エイスーステック・コンピュータ・インク)という台湾の台北市に
本社をおく会社ですが、日本法人もあり、
定期的に展示会などを開催しています。
いつか本社へ取材に行きたいと思っていますが、
今回は日本法人の主催する展示会に行こうと考えていました。
ところが、会社の上の階から水漏れがあり、調べたところ、
壁を壊さないといけないほどの大がかりな水道工事が必要となり、
残念ながら次回訪問ということになりました。

Appleマークにティーカッププードルを

AppleのPCを街中でよく見かけるようになって早数年。
もともとMacユーザーだった私は、天邪鬼ゆえか
Macbookを持ち歩きたくなくなっています。
俄感がはんぱないような気がするのです。
そもそも、別に大きな事業を動かすでもなく、
世界発信のクリエイティブなことをする訳でもないので、
なんだか嫌なんです。
自意識過剰なのかもしれませんが、
ココ最近はAppleマークを出すくらいなら
ティーカッププードルの可愛いシールの方が
まだいいとさえ思うしまつ。
Macも別のデザインを選べたら…。

驚愕の事実?トイレの水漏れ時の顔と台湾製。

私が思うに海外メーカーは、詳しく知らないと十把一絡げになる傾向にある。
ということです。
現に私の知人はASUS、ACERを
アメリカかそこら辺の国のメーカーだと思っていました。
台湾だと教えると案の定ビックリしていました。
あの顔は、彼の家でトイレの水漏れが発生した時並でした。
閑話休題、PCなど外見だけでは中身が知れないものですから、
判別する事は難しいのでしょうがない事ではありますが。
国がどこだという事で、スペックが格段に変わる事ではないですが、
知っていても損はないと思います。

旅行で行きたいウユニ塩湖情報の頭の中氾濫。

誰でも気になる事は、どんどん知識が付いてくるものです。
頭が悪いと言われる子供でも、やたらとゲームの知識や遊び方を知っている
という事はよくあります。
私もPCメーカーやスペックなど詳しい方ですが、
それもへんに興味があるからと言えます。
別件ですが、旅行で行きたいウユニ塩湖情報もめちゃあります。
ただ、行けないからこそ情報がどんどん溜まっていくのです。
そう、興味があって満たされないから程、知識は増えるんです。
幸か不幸かは、なかなか判別尽きづらい事です。