台湾旅行で見た衝撃の看板

台湾と聞いて何を想像しますか?
台北101、九份、B級グルメに溢れる夜市、マンゴーなどの他、
格安スマホのASUSやお得なパソコンのACERといった電化製品も
台湾メーカーによるものであり、私たちの生活にとても身近な台湾。
そんな台湾には面白い看板が実はたくさんあります。
親日家が多く日本製品が大人気であるため、
街中には日本語を使用した看板も多く存在します。
片仮名のシとツを間違えた表記は王道ですが、
少し怖い看板は、「茶の魔手」。
これはドリンクショップなのですが、パッと名前だけみると
ちょっと怖いですよね。
バスの中で見かけた禁止事項の看板には、飲食禁止、
迷惑行為禁止などの表記の他に、鳥籠に入った
小鳥のイラストがありました。
台湾には小鳥を公共バスに持ち込もうとする方がいるのでしょうか?
ちょっと想像するだけでクスっと笑ってしまうそんな看板が多く、
街をブラブラするだけで大いに楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です